住宅ローンの借り換えを考えられている方

住宅ローンの借り換えを考えられている方、 借り換えをする際にも、諸費用が必要なのはご存知ですか? 単に「金利が下がってきているから」と借り換えを考えても、 諸費用が必要な為「お得になる」とは限りません。住宅ローン借り換えの際の一般的な条件を3つほど紹介します。

1.残高が1000万円以上あること
2.支払い期間が10年以上残っていること
3.金利差が1%以上あること

以上の3つが揃っていないと、借り換えをしても 総支払額の減額などの効果がありません。

そして、借り換え時にも住宅ローンを新規で組む際と同様の審査があり、 書類も複数必要になってきます。登記や総収入を証明する書類も必要です。 故に、年収などが住宅ローンを組んだ際より下がっていると、 審査に通らないこともあります。 また、新規の住宅ローンを組むよりも審査基準が厳しいところもあるとか・・・。

しかし、通るのであれば、お得になるのであれば 借り換えをすることも考慮してみるべきです。

住宅ローン金利は1%で負担もずいぶん変わってきます。 総額が大きいため、1%でも支払い額の大幅な節約が期待できるのです。 せっかく金利が下がっているのに、そのまま支払っていくのはもったいないですよね。 その為には、金利をマメにチェックしておくのも大切です。

住宅ローン金利は常に変動するもの。 景気や政策によって変わるものです。 住宅ローンを組んだら終わり、借り換えをしたら終わり。と考えるのではなく、 先ほども書きましたが、「マメに金利状況を把握しておく」ことで、 借り換えしたことを「お得」に出来るものだと思います。

もちろん、月々の支払いを軽くすることも可能な住宅ローン借り換えも出てきています。 その場合は「お得に」とはいかないケースも多いですが、 家庭の生活スタイルに合った、そのお家ならではの「お得」になるよう、 しっかり比較しながら決めていきましょう。

次回は、新築と中古マンション(リフォーム、リノベーション)の違いを調べてみます。

 

おまとめローンを利用することで、多重債権者の方は金利を抑えることができます。複数の業者から資金を借りている多重債権者の方は、利用もしやすいローンプランです。ローンやクレジット料金をまとめることで月々の返済が 軽減される特典があります。支払い料金の割引だけでなく、管理もしやすくなります。

複数の業者から借りている人は、一つの業者にまとめるとたいへん便利で す。最近は女性を対象にした便利なプランも用意されています。業者によってサービスも違うので、事前にインターネット上から比較すると便利です。インター ネットを使えば、簡単に比較もすることができます。ご自身にあったローン返済プランが見つかります。たいへん便利で利用もしやすいです。

おまとめローンを利用することで、複数の業者から借りていたローンもいったん返済することができます。複数の業者から借りていたローンをまとめることで、返済もしやすくなります。おまとめローンを利用するときは、消費者金融よりも一般の銀行機関を利用すると便利です。一般銀行の方が金利も安く返済もたいへん便利にすることができます。おまとめローン審査においては、銀行より消費者金融の方が審査が 観点ですぐに利用することができます。利用するときは専門の方と相談しながら決めるとよいです。

専門の方がご自身にあった返済プランを計画してくれます。 返済シュミレーションも事前に行うことができるので、借りるときは利用するとたいへん便利です。比較検討しながら利用するとよいです。